• STYLE
  •      
  • Jun 25, 2016
突飛さはなし、新しいこともしない。ニューヨークのフツーのご近所カフェ「Sweetleaf」が成功している秘訣
Pocket

サードウェーブコーヒーという言葉が割と浸透した頃、今度は「ネイバーフッド型」が口端に上っている近年。
日本でも、スターバックスが展開しはじめた「ネイバーフッドアンドコーヒー」が話題を集めていている。

ネイバーフッド型、平たくいえば「地域密着型、ご近所さんのためのカフェ」。美味しいコーヒーをゆっくりできる空間で提供する、ということなんだろうが、新たな決め手みたいなものはあるのだろうか?

L1008490

“コーヒーと空間はセット”派

 最近のニューヨークでは、グラブ&ゴーできるスタンド型コーヒーショップも人気なのだが、美味しいコーヒーは空間とセットで楽しみたい派もまた根強い。

「ご近所さんがゆっくりとコーヒーを楽しめて、くつろげる場所」、つまりネイバーフッド型カフェとして長年定評のあるカフェ、Sweetleaf(スイートリーフ)を訪ねることにした。
 白黒のストライプの軒がなんともモダンなその店は、近年土地開発が著しいクイーンズ地区ロングアイランドシティの一角に佇んでいる。

L1008463

“ちょうどいい”サービスでお迎えします

 平日の昼前にもかかわらず、お客さんはひっきりなしに出入り。

L1008574

L1008593

L1008540
ヨーロッパ調のアンティーク家具を揃え、築約200年のクラシカルな外観に合わせた内装にし統一感を出す。

L1008525

L1008524
音楽好きにはたまらないのが、このカフェのBGM。よくあるようなお洒落なジャズやボサノバなどのカフェミュージックではなく、オーナーの趣味であるハードロックやヒップホップ(取材当日はヒップホップデュオOutKastのアルバムが流れていた)の選曲と、かなり個性的。

 店内の奥には、ちょっとレトロなレコードルーム。コーヒー&音楽ラバーな地元民に、好きなレコードをかけながらゆっくりとコーヒーを楽しんでほしいという粋な計らい。

L1008521

 さすが、ご近所さんがゆっくりと、そして楽しみながら居られる空間作りを徹底している。ふむ、空間作りにこだわるカフェであれば、ネイバーフッド型カフェといえるのだろうか。

L1008530
「ヘイ、ジョン!アメリカーノね」。常連さんにはそう呼びかけるバリスタたち。また店内でくつろぐお客さんの邪魔にならないようBGMの音量も気遣う。

L1008556

L1008581

コーヒーは、「アートとサイエンス」のブレンド

 と、ここで「コーヒーと空間」の、コーヒーの方の説明。「うちは、最高のコーヒーを生み出すために、アートとサイエンスのブレンドなんだ」と話すのは、オーナーのリチャード・ニエト(Richard Nieto)だ。

L1008613

 ここでいう「アート」とは、美味しいコーヒーを提供できるか否かという「センス」のこと。
 たとえば、豆を選ぶセンス。豆は基本的に季節によって品質が変化しやすい。エチオピアの豆なんかは、夏には新鮮で美味しいが冬になると味が落ちる。
 なので同店では、年二回の収穫を通して年中安定した質の高いコーヒーを淹れることができる、コロンビア産の豆を選ぶ。

L1008586

 そして、センス(アート)によるセレクトを下支えするのが「サイエンス」の力。季節だけでなく、豆は刻々と変化していくため「データに基づいたコントロールが必要」。

 時間の経過や温度の変化、天候などで豆の品質は変化していくため、その豆にとって最適の品質を維持できるよう、焙煎する温度や空調などにも気をつける。
 コンピューター制御された焙煎機を使用し、その豆は何度(℃)でクラック(生豆が焦げはじめ、パチンパチンと音をたてること)しはじめるのか、時間はどうかを「その日の豆ごとに」に細かく記録・数値化し、モニタリングする。同じブランドの、同じ袋の豆だから、というわけにはいかないのだ。

L1008567

 つまり、「アートとサイエンスのブレンド」の正体は、特別新しいことではなく、日々の最高の味を保ち続けること。シンプルな姿勢と取り組みだ。

“コミュニティ”あってのカフェという存在

 Sweetleafがオープンしたのは8年前。右も左もわからぬコーヒービジネス界に足を踏み入れて1号店をオープン、いまではブルックリンも含めて計4店舗を構えるカフェチェーンに成長させたリチャードだが。「美味しいコーヒーを淹れること」は独学で習得したそうだ。

 というのも、最初に着手していたのはコーヒー豆の卸売業。卸業をするにはまず美味しいコーヒーとは何かを知るべきと、コーヒーの起源から美味しいコーヒーの作り方などをブログなんかを読み漁って調べていた。「気がつけば美味しいコーヒーを作ることそのものに夢中になっていた。その時にはもうお金のことなんかどうでもよくなっていて、自分の手で最高のコーヒーを淹れることに力を注ごうと思ったよ」

L1008497

 いまでこそ土地開発も進み、高層アパートやバーや店も増えてきたクイーンズだが、オープン当時はがらんどうだったという。「誰もクイーンズで新たなビジネスをはじめようとはしなかった。いつもマンハッタンかブルックリンだったんだ」

 それでもクイーンズにこだわったのは、クイーンズがリチャードの“ネイバーフッド(近所)”だったから。

 クイーンズ生まれクイーンズ育ち、数十年働いてきた場もクイーンズ。人一倍愛する地元にカフェをつくった彼は言う。

「レストランだってコミュニティが集まる場所だけど、毎日は行かないだろう? スーパーマーケットもコミュニティの一部だけど、話し込んだりリラックスはできない。カフェならコミュニティの人が毎日来るお馴染みの場所になれる。カフェが成り立つのも、そんなコーヒーを求める“コミュニティ”あってのこと」。展開する4店舗それぞれの場所でネイバーフッドカフェとして愛されるのは、コミュニティへの素直なリスペクトがあるからだ。

L1008589

ご近所カフェの真髄は、「基本に忠実に」

 地域に愛され、かつ個性を大事にできるコーヒーショップは、まずはその場所、そして地域民のことをよく理解しておかなければならない、とリチャードはいう。
 コーヒーや、店に関する細かなことに気を配れる誠実さに加え、「ブランド対個人」ではなく「個人対個人」の関係が築ける空間を提供できるコーヒーショップこそ、コミュニティの居場所になれる。

L1008564

 日本でスイートリーフのような地元に馴染みあるコーヒーショップを考えてみると、思い浮かぶのがいわゆる「昔ながらの喫茶店」。居心地の良さの中には、変わらない味がある。

 つまるところ、ネイバーフッド型と新しく注目されているスタイルだが、その本質は別段新しいことではない。目新しさやブランド力、突飛なスタイルというよりも、日々の暮らしの中で“最高に美味しいコーヒー”を提供してくれる、基本に忠実なコーヒーショップこそが「ネイバーフッドカフェ」なのだ。

 だが、基本に忠実でい続ける裏には、地道な努力と真面目な姿勢があった。シンプルだからこそ貫くのは難しい。それができるのはひとえに、コーヒーとコミュニティへのひたむきな愛があるからだ。

L1008639

Sweetleaf

▶︎次は、
近所に一軒は欲しい。NYの地元密着型「ネイバーフッドカフェ」4選
地元の人々に愛されるため、彼らはどんなカフェ作りをしているのだろう?

—————-
Photo by Kohei Kawashima
Text by HEAPS, Editorial Assistant: Satoru Yoshimura

Pocket

L1008556 のコピー (1)
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...