DAILY
  •      
  • Aug 29, 2017
「無人島」開拓プロジェクトが始動。大人の大冒険 “電気・水道・ガスなし長崎県の田島”に住み込み1ヶ月生活!
Pocket

15人の少年たちが力を合わせて生活していく冒険小説『十五少年漂流記』や、テレビの中で芸能人がモリ片手に魚を“とったどー”する姿。電気も水道も通っていなければ、文字通り人もいない「無人島」でのサバイバル生活に、少年時代いくらか憧れを抱いたのは筆者だけでないはず。その淡い夢が数十年越しに叶うかもしれない。日本初の「参加型無人島開拓プロジェクト」が始動したというのだ。

detail_2951_1499850205

 場所は、長崎県大村湾に浮かぶ「田島」。東京ドームよりひと回り大きいほどの無人島だ。もちろん、電気・水道・ガスなしの三拍子揃い。2013年には、滞在型自然体験施設としてオープン、シーカヤックやジップライン(空中スライダー)、湯沸かしから自分の手で体験できるドラム缶風呂やツリーハウスなどのアクティビティがつまった冒険島になった。

detail_2951_1499619363
detail_2951_1499850007
detail_2951_1499624801

気軽に“週末”無人島生活も?

 今回のプロジェクトでは、冒険島をアップグレード。一ヶ月の滞在期間で、井戸の整備や古民家修復&宿泊施設にリノベーション(約30年前まで田島には人が住んでいた)、無農薬野菜や米の栽培を実行。単なる遊べる無人島から、人と自然が共生できるサステナブルな島にするという計画だ。一ヶ月は時間的に無理だな…という人には、一泊二日体験コースもあるので、気軽に“週末”無人島生活も可能だ。

detail_2951_1499619347
detail_2951_1499850066
detail_2951_1499625333

「スイッチひとつでご飯が炊け、スイッチひとつで明かりが灯る。そんな便利な世の中とは、まったく逆の体験がこの島ではできる。お米の炊ける匂いや、月明かりで夜を過ごすなど五感を使うことで『生』を実感でき、小さな気づきや気持ち整理につながる」。スマホ漬けの現代人にとってデジタルデトックスにもなるし、古民家改築やファーミングでサステナビリティを体感。それに何しろ「生きる」楽しさを教わることができるのだ。人生の履歴書に『無人島開拓』を追加したい人、コチラからどうぞ。

▶︎オススメ記事

「制限時間は72時間」 公共スペースに奇跡を起こす D.I.Y.プロ集団

現行犯逮捕のリスクがあってもやめられない。大人の遊び場のつくり方

▶︎▶︎週間トップ人気記事

ネット界の“いま”を実店舗で再現「オンラインブランドのシェア小売店」

リアルタイムで芸術速報/フォトジャーナリストのレンズから覗く「シリアの市井、日常」

—————
Text by Shimpei Nakagawa
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Pocket

detail_2951_14998502052
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...