ご家庭向け「マリファナ家電」が登場。気軽に自宅でマリファナタイム、カンナビス吸引器「CannaCloud(カンナクラウド)」が話題

Share
Tweet

専用のカップをパカっと入れ、ボタンを押すだけ。専門店のような美味しいコーヒーが味わえるということで、日本でも人気のあるアメリカ生まれのコーヒーマシン「Keurigs(キューリグ)」。

誰でも簡単に美味しいコーヒーが作れる容易さと気軽さが忙しい現代人にはもってこいのキューリグだが、ここアメリカで「マリファナ界のキューリグ」と取り沙汰されるプロダクトが発売された。

image005

 その名も「CannaCloud(カンナクラウド)」。アメリカ・マサチューセッツ州を拠点にするマリファナスタートアップカンパニーCannaKorp(カンナ・コープ)が作り上げた、いってしまえば“家電製品型ボング”なのだ。

 ご覧の通り、カンナクラウドの見た目は、お洒落でクリーンな家電製品そのもの。自宅のリビングに置いても、誰もマリファナ吸引機だなんてわからない。

image007

 sativa(サティヴァ)やindica(インディカ)、 hybrid (ハイブリット)、それからCBD(カンナビジオール)オイルなど、さまざまな品種の専用カップをカンナクラウドに挿入、ボタンを押すだけで、60秒後にはマリファナを味わうことができる。

 お値段はカンナクラウドが150ドル(約1万7000円)、専用カップがひとつ6〜7ドル(約700円)。手の届きやすい価格設定もいい。

image006

 マリファナ合法化は歩み続け、マリファナ産業が目下奮闘するのは一般消費者層の拡大だ。そんなタイミングで「自宅で・気軽に・カンタンに」を実現したカンナクラウドは、着実に“家電”として、多くの家庭に取り入れられていくことは間違いない。

 アンチインスタントで一杯にこだわるコーヒー好きがいるように、カンナクラウドも賛否両論を生むだろう。「こだわり派」か「インスタント派」かまでが論争の的になりそうなアメリカマリファナ産業。カンナクラウドはいまのアメリカに見れる、マリファナ大衆化を最も象徴するプロダクトだ。

—————
All images via CannaKorp
Text by Shimpei Nakagawa

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load