年1だし…ってケチって仮装「deja boo(デジャ・ブー)」って?今週は、ハロウィンで使えるスラング / Urban English

Share
Tweet

もうすぐ、ジャコランタンの日。shinecap(シャインキャップ)でパーティーに繰り出そう。今週は、ハロウィンスラングを4つお届け。

第1問
witching hour(ウィッチング・アワー)

1. 真夜中
2. タイムセール
3. 待ち時間

shutterstock_110265830

正解は、1「真夜中」

A:Hey, where are you going?
ちょっと、どこに行くの?
B: I’m going to Halloween party at Lisa’s house. I’ll come back after witching hour.
リサの家でやるハロウィンパーティに行くの。帰るのは真夜中すぎになるわ。

第2問
shinecap(シャインキャップ)

1. 頭がいい人
2. 見るからに安っぽいコスチュームやウィッグ
3. てっぺんハゲ

shutterstock_675314641

正解は、2「見るからに安っぽいコスチュームやウィッグ」

 
Can we go to see another shop? They only have shinecaps here.
他の店も見に行っていい? 安っぽいコスチュームやウィッグしかないんだもん。

第3問
deja boo(デジャ・ブー)

1. 去年と同じコスチューム
2. ダブルブッキング
3. 双子

shutterstock_501928345

正解は、1「去年と同じコスチューム」

Her costume looks so familiar. Maybe, that’s deja boo?
彼女のコスチューム見覚えあるんだけど、たぶん去年と同じだよね?

第4問
Halloweed(ハロウィード)

1. ハロウィン系の映画
2. 幼少期のハロウィン
3. ハロウィンの日に出かけずウィードでチル

shutterstock_85442911

正解は、3「ハロウィンの日に出かけずウィードでチル」

I’m tired of usual Halloween parties. Let’s do Halloweed party!!
もういつものハロウィーンパーティーは飽きたよ。今年は家でウィードパーティーしようぜ!

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

「可視化されていない時代の感覚を、僕らはどう言語化していくか」トライ&エラーを協働する企業と編集者、ソニー×若林恵

「そもそもね、僕らに“伝えたいことがあってはじめた”、というわけではないんですよ」。 企業の伝えたいことを、より魅力的に言語化して届けるために〈企業と編集者〉が組むことは、近年の常套。その関わり方を大きく飛び越えて「何が…
All articles loaded
No more articles to load