難民危機、海水汚染…〈地中海〉混沌の政治・環境問題をアートが映し出す『13,700,000 km3(地中海の水量)』

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

今回紹介する展覧会は『13,700,000 km3』。ギリシャ・サモス島のアートスペース・ピタゴリオで開催中だ。中東・トルコと肩を並べ、ヨーロッパの一番端に位置するこの島は、現在、地中海地域のさまざまな政治的・社会的状況をわかりやすく反映している場所といっても過言ではないだろう。2011年にはじまったシリア戦争や「アラブの春」を契機として、イラク・アフガニスタン・シリアからヨーロッパへ渡る難民たちの玄関口として知られてきた。いまでも約4,000人の難民たちが他国への亡命希望を出したまま、劣悪な生活状況で足止めされている。

サモサ島を含む地中海地域は、環境・政治・経済などさまざまな変化の真っ只中にあるのは確か。しかしその一方で世界各国から集まった「人種のるつぼ」として、文化的・芸術的な交流が歴史的におこなわれてきたのは事実である。これらの交流はその周辺国、またそれを超えた世界中の人々のアイデンティティを形作ってきたともいえる。

同展の題名にある「13,700,000 km3」という数字は、地中海が抱え持つ水の量だ。3つの大陸を結ぶこの海水は、すべての地中海国にとって“共有物”であり、だからこそ良くも悪くもお互いに影響する。難民危機から海水汚染、生態系の変化、そして観光客たちがもたらす新たな文化、10組のアーティストが個々の切り口から人間が「地中海」とどのように絡み合ってきたのか、アートを通して考察していく。眩しい海と美しいリゾート。それだけじゃない、混沌としたギリシャの一面を覗くことができるまたとない機会だ。


Centre for Political Beauty, The Bridge, 2015 (still)
Single channel video, colour, sound, 3’ 53’’
Courtesy of Centre for Political Beauty

Depression Era, The Tourists – a campaign, 2015-ongoing
Detail: Solitaire (2007) by Angela Svoronou
Courtesy of Depression Era

Depression Era, The Tourists – a campaign, 2015-ongoing
Detail: Satellite Dish (2007) by Angela Svoronou,
Courtesy of Depression Era

Depression Era, The Tourists – a campaign, 2015-ongoing
Detail: Untitled (2018) by Dimitris Tsoumplekas
Courtesy of Depression Era

Sphinxes (Manos Flessas & Ioanna Tsakalou), Metamorfosi 581, 2019 (research image)
Courtesy of the artists

Kyriaki Goni, Networks of Trust, 2018-2019
Multimedia installation. Detail: Flag for Networks of Trust, digital print on fabric, 135 x 90 cm
Courtesy of the artist

Mark Dion, Mediterranean Sea Extinction Express, 2019 (detail)
Series of ten drawings on paper
Courtesy of the artist and Waldburger Wouters, Brussels

Mark Dion, Mediterranean Sea Extinction Express, 2019 (detail)
Series of ten drawings on paper
Courtesy of the artist and Waldburger Wouters, Brussels

Newton Harrison (Center for the Study of the Force Majeure), Apologia Mediterraneo, 2019 (still)
Single channel video, colour, sound, 10‘ 11”
Courtesy of the artist

Newton Harrison (Center for the Study of the Force Majeure), Apologia Mediterraneo, 2019 (still)
Single channel video, colour, sound, 10‘ 11”
Courtesy of the artist

Newton Harrison (Center for the Study of the Force Majeure), Apologia Mediterraneo, 2019 (still)
Single channel video, colour, sound, 10‘ 11”
Courtesy of the artist

Panos Kokkinias, Nisyros, 2014
Photo Text inkjet print, 150 x 300 cm
Courtesy: The artist and Xippas Gallery, Paris/Geneva/Montevideo

Panos Kokkinias, Vardia, 2006
Digital color inkjet print 120 x 160 cm
Courtesy: The artist and Xippas Gallery, Paris/Geneva/Montevideo

Stefan Kruse, The Migrating Image, 2018 (still)
Single channel video, colour, sound, 28’ 37”
Courtesy of the artist

Stefan Kruse, The Migrating Image, 2018 (still)
Single channel video, colour, sound, 28’ 37”
Courtesy of the artist

Stefan Kruse, The Migrating Image, 2018 (still)
Single channel video, colour, sound, 28’ 37”
Courtesy of the artist

Minna Rainio & Mark Roberts, How Everything Turns Away, 2014 (installation view)
Three channel video installation, colour, sound, 33’ 00”
Courtesy of the artists

Maarten Vanden Eynde, Plastic Reef, 2008-2012. Installation view: Manifesta 9, Genk, 2012
Melted plastic waste, variable dimensions
Courtesy of the artist
Photo: Kristof Vranken

Maarten Vanden Eynde, Plastic Reef, 2008-2012. Installation view: FRAC Lorraine, Metz, 2014
Melted plastic waste, variable dimensions
Courtesy of the artist
Photo by the artist


Text by Haruka Shibata
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load