初・男の朝立ちログアプリが登場「毎朝ログして健康チェック(ファニーなGIFと役立ち豆知識つき)」

Share
Tweet

「朝顔くん」という名のアプリが登場した。モーニング・グローリー、というのだが、朝顔栽培アプリではない。男性のための「朝立ちチェックアプリ」である。

5.8 Device 1

 説明するまでもないが、朝起きたらペニスが勃起しているという男性の生理現象のこと。この朝立ちを、まるで生理日を記録する生理アプリのようにログするのが、今年1月にローンチしたアプリ『モーニング・グローリー(Morning Glory、スラングで“朝立ち”)』だ。

 使い方は、驚くほどにシンプル極まりない。

1. 眠気まなこの寝床で同アプリを起動。画面いっぱいに投げかけられる質問、「Did you wake up with morning wood?(朝立ちしましたか?) 」にYESかNOをクリック。

daily question

2. 朝立ちYES、NOに準じて、ファニーなGIFが送られてくる。クスっと笑ってもよし。ちょっとムッとしてもよし。

reaction gif

3. 三日間、朝立ちが続くとスマホ画面いっぱいに祝福される。逆に三日間、朝立ちがない場合は、内科医とのチャットや、無料の電話相談を促される。

boner streak
day5
5日目:今日も朝立ちなしか? まあ、心配するな。でも7日目になっても朝立ちがなかったら、医者に相談するといい。

day9
9日目:ドクターとチャットしてみよう! 無料だから、安心。何か問題がないかどうかを調べてみよう。

4. ここまでの記録は、アプリ内の朝勃ちカレンダーに履歴として残る。また、朝立ち豆知識(テントを張っている股間と排尿についてなど)も閲覧可能。

 朝立ちしたかどうかを毎朝確認され、三日続けて元気な姿を報告すれば祝福って….別におふざけのアプリではないとすると、そもそも何ゆえ朝立ちを朝顔日記のように記録する必要があるのかという話である。その答えは、「男の健康状態を把握するのに一番ベストなインディケーターが、朝立ちするかどうかなのです」。このアプリの開発者は、ミレにアルズ受けする広告で話題を呼んだ男の健康のためのスタートアップ「Roman(ロマン)」。彼らは、男たちのEDに関するオンラインコンサルを提供し、必要に応じて合法で安全なバイアグラなどのED治療薬をデリバリーしてくれる。ED問題解決集団、というところだ。「朝立ちしたということは、血流とホルモンが正常に作動しているということで、糖尿病や心臓病などの病気リスクが低いことも意味しています」

calendar

 男性機能としてだけではなく、健康のバロメーターでもある朝立ち。しかし、「最近、してないなあ」と思ってもわざわざ病院にはいかないだろうし、事実、EDの治療を実際にしているのはたった18から30パーセントらしい。医者に相談せずにED解決をしようとする者も多く、「健康問題に直面しても、“男はタフに”を実践しようとする男性がたくさんいます。このマスキュリニティが、体の問題解決から遠ざけてるとも言えます」とファウンダー。彼自身、若干26歳でED(勃起不全)に悩んだ経験をもち、EDの発見によって心臓に疾患があったこともわかった。

 侮ってはいけなかった。毎日の朝立ちは、若さの特権ではなく健康の特権のようだ。日頃の疲れを感じているなら、まずは毎朝の簡単すぎるYES/NOチェックで、健康カレンダーをつけはじめてみよう。

—————
All images via Roman / Morning Glory
Eye catch image via Charles Deluvio
Text by Sally Lemon
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load