ずっと待ってた。「夢を自在にコントロールする装置」遂に実現!ウクライナのスタートアップが発明

Share
Tweet

朝起きて、夢を「夢」だと気づいたと共に、ものすごい勢いでやってくる落胆。
「あー、あの場面ではこうなればよかったのに」なんてこと、これまでに何度もあった。皆様も一度はありますよね?

IMG_5481

そんな落胆をもうさせまい、と“夢のような”装置が開発された。その名も「LucidCatcher(ルシッド・キャッチャー)」。これ、「夢を自在に操ることができる」と謳う。

「人生の3分の1を占めるといわれるみんなの睡眠に、革命を起こしたい」と語るのはNikita Antonov(ニキータ・アントノフ)とMichael Skrychevsky(マイケル・スクリチェブスキー)、Maryna Vermishian (マリナ・ヴェミシアン)。ウクライナの首都キエフのスタートアップ「Luciding Inc.(ルシーディング・インク)」の3人だ。

IMG_5421

 一体全体、どうやって夢を自在に操ることができるのだろうか。まずみんな気になるのはその仕組みだと思うので説明。信じられないくらい簡単なので見て欲しい。

1. 就寝時、頭にルシッドキャッチャーを装着。
2. 装置がREM(レム)睡眠(いつも私たちが夢をみるときの浅い眠り)を感知。
3. 脳に40Hzの弱い電気刺激を与える。
4. 自分で夢であると自覚しながら見ている夢、明晰夢(めいせきむ、英語: Lucid Dreaming)を見させてくれる。

 明晰夢とは、睡眠中に夢の中で「あ、これ夢だな」と思うことなのだが。なんでもこの状態だと、夢を意識的にコントロールすることが可能だという。ルシッド・キャッチャーを装着すれば、その明晰夢を毎晩見ることができるのだ。

IMG_5577

 ほんとに見れんの? と信じられない人よ、驚くなかれ。2年前の初めての試作実験では11人中6人が明晰夢を見たとの結果がある。その後さらに改良を加え、今年は10人中8人が明晰夢を見ることができた。夢コントロールという夢のような話が現実味を帯びてきている。

 ちなみにルシーディング、今後「ポケモン」とコラボしたいらしい。
「空前のブームを巻き起こすポケモンGOのようにポケモンたちと夢の中で出会い、友だちになって、一緒に遊んだりできるような構想がある。任天堂に是非この考えをプレゼンしたい」と3人は語る。

IMG_5414

「夢は見るものではなく、叶えるものだ」なんてむず痒い常套句をよく耳にするが、まさにルシッド・キャッチャーは、「自分の見たい夢を見られたらな」というみんなの願いを叶えてくれる装置になるかもしれない。

LucidCatcher

—————
All images via Luciding Inc.
Text by Shimpei Nakagawa

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

等身大の視線と確かな手触りで、もう一度「いま」をつくる。世代の感性とイノベーション、アイドリス・サンドゥ(22)来日の1週間

こんにちは。HEAPS(ヒープス)です。もう11月だなんて。冬はもうすぐそこの角にいるようですが、ヒープスのイベントはもっとすぐそこです。もう角を曲がってきちゃっています。11月の末・12月の一週目に、今年最初で最後のイ…
All articles loaded
No more articles to load