【Editor’s Pick】被写体を探すは必要ない。ただストリートに行けばいい Interview with Phil Knott
Pocket

風格あるブラウンストーンの家と街灯が並ぶ、しっとりとした佇まい。ブルックリンハイツを拠点に10年以上活動するフォトグラファー、Phil Knott(フィル・ノット)を訪れた。ドアを開けると黒いTシャツにジーンズの彼が迎える。大きな窓から差し込む春の光が、制作途中の巨大な作品を照らす。

resized-phill003

スタジオなんていらない 惚れ込んだニューヨークのストリート

「どうだい、Very New Yorkerだろ」
 次々に出てくるオリジナルの写真作品。黒い古い画板の間から、湧き出るようにコラージュ作品が現れる。「キンコーズで何日も自分の作品をコピーばかりして、それから(輪郭に沿って)ひたすらカット。人と話しているときも、食べているときもカット、カット」

resized-phil002

 7、8年前のことだ。ヒントはストリートに貼られたポスターだった。切り抜いた人物を、デザインブックからコピーしたバラの絵、文字、波や線の模様と組み合わせ、白い紙に貼り、独特の「コラージュ」に仕上げる。切り抜かれた映像は、壁のポスターのように飛び出て見える。配置の見事さで、人物が浮かび上がり、走ったり叫んだりしてみえる。波や線も渦を巻いたりしているかのような「動」が生まれる。
 フィルにしかできないアートだ。「映像が切り抜かれていることで、ポスターが貼られたばかり、みたいな機敏さが生まれる。いつみても、『ストリート!』だろう」。トレードマークの黒いTシャツにジーンズで、ひらりと仕事部屋の別のコーナーに行く。スケートボーダーのように、フットワークが軽い。

「新しいことを始めたんだ」。1.2メートル四方の白いベニヤ板に、巨大な人物写真のコピー。その上に文字のコピーや種、花やポスターを引きちぎったものを張り付けていく。厚さが3センチぐらいになるまで貼ったり、ちぎったりを続ける。

「どうなるか分からない。道端のポスターが重ねて貼られたり、はがされたりしているのを見て、ヒントを得たんだ。でも、どうなってもニューヨークのストリートそのものだろう?」

reseized-phil004

 デペッシュ・モード、ジャスティン・ティンバーレイクなど、ミュージシャンにインスパイアされアーティストを多く撮影してきた。しかし、ミュージックは過去形になった。今はニューヨークのストリートに惚れ込んでいる。お気に入りの有名人の名前を言わせようとして、こう聞いた。「今まで撮った中で、どの人が好き?」

「ある日、彼がゴスペルが聞こえる教会の前に座っていたんだ。ネクタイにスーツ、カウボーイ・ハット。黒人で年老いている。そして美しい面立ち。ああ、彼こそ、“Mr. Cool”だ。名前?知らないよ。どこかに写真があるな。品があって、個性があって、美しい」
 その黒人には、夏の日、カメラをかついで自転車で走り回っていて遭遇した。「スタジオなんていらない。That’s the only way to go! (それっきゃない!)」

時間と持続性が作り出すもの

 イギリス生まれで、大学ではアートを専攻。卒業してからカメラに出会い、写真スタジオに弟子入り。ポラロイド・カメラにはまった。2002年、ニューヨークに移住。周りのアーティストがみな、ニューヨークに向かっていたからだ。独特のソウルフルな撮影表現スタイルが注目され、パラマウント映画、ヴェルサーチ・スポーツ、スティーブ・マデン、ソニー・レコードなどとコラボレートしているうちに、デジタルカメラの波に襲われた。

「デジタルカメラに移行するのは辛かった。3年かかり、いかにフィルムで撮ったかのように見せられるかを学んだ。まるで学校に行って修業しているみたいだった。でもリタッチは絶対にしない」

resized-phill005

 誰もがデジタルカメラやスマートフォンで写真を撮る現在の状況は「ミーイズム(自己中心主義)」でしかないという。
「(運動家で作家の)スーザン・ソンタグが言ったように、日本人は、高度成長期を経て、海外を旅行するとき、カメラを持っていくようになった。『見て、海外にいますよ』『見て、写真を撮っていますよ』と言うためにね。今のインスタグラムもそれと同じ状況だ。インスタントに写真を加工して、誰に会ってる、何を食べてる、どこに来ている、me、me、me!」
「でも、時間がいいものを作り出すんだ。ワインやヘネシーみたいにね。コンピューターにはできない。時間と持続性が必要だ」
 確かに、彼が愛するのは、ストリートの偶然性、敏捷性だが、作品には恐ろしく時間がかかっている。しかも、誰の手も借りていない。しかし、完成したコラージュは、『ストリート』を永遠に閉じ込めている。

resized-phill006
resized-phil007
resized-phil008
resized-phil009
©Phil Knott

“Looking” 目に見えるものすべてが被写体

 写真は「Looking(見ること)」だと言う。彼には見えている。自転車に乗った若い女性が振り返った瞬間、スケートボーダーが空に舞う瞬間、通りで吠える犬。それらに、ニュ ーヨークが圧縮されている。

「ニューヨークは、ロマンティックで、ペースが速くて、大きくて、多様性があって、そして、光がすばらしい。夏の光のす
ばらしさと言ったら!」
「そして、常に変化している。変化しているけど、どこにいても仕事ができる。チャイナタウンにいても、ウィリアムズバーグにいても、ウォール街にいても、英語が通じなくても、 どこでも動けるし、それでいて、よそ者だとは思わせない、そういうところがある。これがモスクワへ行ったら、大変だろ?」

 ニューヨークを語るとき、フィルは遠い目をする。きっと、まだまだ撮りたいものがあふれんばかりなのだろう。

resized-phil010

Phil Knott(フィル・ノット)

イギリス出身。2002年からブルックリンを拠点とする。多彩な写真表現で華やかでソウルフルな撮影表現スタイルを確立して いる。大手アパレル、スポーツブランドをクライアントに持ち、幅広い分野の写真を手がける。長期プロジェクト『State of the Moment in Conjunction』は、NYクリエイティブ・シーンの全貌を捉える。
philknott.com

ーーー
< Issue 13『目に映るものすべてが被写体』より。2014年4月発刊 >
Interview photos by Koki Sato
Text by Keiko Tsuyama

Pocket

resized-phil-eyecatch
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...