LATEST

NYCのLGBTが歩んできた歴史

想像してみてほしい。あなたが自分自身でいようとするだけでののしられ、罰せられ、暴力をふるわれ、命を奪われる可能性がある。だからあなたは口を閉じ、偽りながら生きていく。本当の自分を隠し、公とプライベートで、Double L…

「アウェイ」になって、強くなる

レストラン経営者 / Gaku Shibata 道なき道をいく男、柴田学(43)。1990年代初頭、人々が英語圏への留学を夢見ていた中、単身北京の大学へ。帰国後は中・英・日の3ヶ国語を駆使し、若干26歳で起業した、行動派…

チリソース1本からはじまったアメリカンドリーム

真夜中も賑わうマンハッタンのミッドタウン。とあるアイリッシュパブで「ナチョスにかけるタバスコください」とお願いしたところ、「タバスコよりこっちがいいよ」とメキシコ人スタッフに指し出されたのは、フイ・フォン食品が販売する「…

激辛インドカレーに学ぶ NYで成功する方法

「これは痛み、発汗をともなうものです。仮に食後、身体的、および精神的ダメージを受けたとしても、当店は一切の責任を負いかねます」 こんな注意書きがメニューの一つに記載されていた。ガスマスクを着用して調理をする、このインドカ…

ニューヨークのクラフトビールを知る

ニューヨーカーに今までにない喉ごしを与えるニューヨーク産クラフトビール。その種類は“十杯十色”。醸造者が考えるビールとは?自由と創造が溢れる醸造所へ。 Sixpoint 昨年、日本に進出を果たした、六芒星をアイコンとする…

クラフトビールが、アツい理由。

クラフトビール・ブームを肌で体験したかったら、賑わっているパブに飛び込んでみるといい。例えば、アッパー・イースト・サイドにあるバー「The Pony Bar(ザ・ポニーバー)」。ここでは、日替わりで毎日20種類のクラフト…

True Love / Talk No.11 「心傷めるすべての人へ」

Issue 15 – True Love / Talk No.11 「心傷めるすべての人へ」 真実の愛は、散々な数々の嵐の果てに、待っているのかもしれない。 別れはいつだって、様々な形でやってくる。「今自分が…

伝統と革新の間で奏でる

箏奏者、作曲家 / Yumi Kurosawa ニューヨークで、世界中から集まるミュージシャンとともに日本の伝統楽器である箏(そう)♪を演奏している日本人女性がいる。「箏の可能性をもっと広げたい」。箏奏者、黒澤有美がその…
All articles loaded
No more articles to load