DAILY
  •      
  • Apr 22, 2016
牡蠣のオムレツに、パイナップルジャムの焼き菓子… 「あの旅行で、何食べた?」をまとめるだけのフード・ジン 「Things I Ate: Taiwan Edition 2015」
Pocket

あなたの携帯にもきっとあるはず。
撮ったきり見返していない、旅先で撮った食べ物や飲み物の写真。
カメラロールに残しておくより、ジンにした方がなんだか素敵じゃあないか。

 2015年1月、2週間滞在した台湾で試した13のローカルフードやドリンクを手書きのイラストで再現、読者の喉をごくりとさせるのが、ニューヨークのイラストレーター、デビー・フォン(Debbie Fong)によるフード・ジン「Things I Ate: Taiwan Edition 2015(食べたもの:台湾、2015)」。

df_thingsiate_01

 彼女の胃袋を満たしたローカルフードはというと…。

 台湾名物、パイナップルのジャムが中に詰まった焼き菓子、鳳梨酥や、豚のスペアリブを揚げご飯の上に乗せた、排骨飯。

Photo Mar 31, 10 01 07 AM (1)

 代表的な小吃(シャオツー)、牡蠣のオムレツ「蚵仔煎(オアチェン)」に、亜熱帯の台湾ならではの南国フルーツ、蓮霧(ワックスアップル)。

df_thingsiate_03

 日本やアメリカでもお馴染みの台湾定番ドリンク、タピオカのくにゃっとした食感が楽しいタピオカミルクティーも忘れずに。

df_thingsiate_04

 それぞれのページには、フード・ドリンクのイラストと説明の他に、デビーの評価(Vサイン1つ:気に入った、2つ:とても気に入った、3つ:16時間飛行機に乗ってまた来てもいいくらい気に入った)と料理の温度も。

df_thingsiate_02

 「アメリカではあまり知られていない私の大好きな台湾のローカルフードを紹介したい」というデビーのハングリー精神で生まれたジン。

 ブラジルのソウルフードを描いた「Thing We Ate: Brazil Edition 2014(食べたもの:ブラジル、2014)」も併せて読みたい。

 滞在場所よりも何を着ていくかよりも、“旅先での興味が食である”というあなたは、ここへ。

 ああ、お腹空いてきた…。

Debbie Fong

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
【今週のZINE】悩みつきぬアーティストのための、“クリエイティブ・サバイバル教科書”。『good to know』
 アートに教科書はいらないかもしれない。  でも、創造性・想像力豊かゆえ、 「締め切り間際なのに、創作意欲やアイデアが全然湧いてこない!」 「仲間のアーティストに嫉妬...

————————
All images via Debbie Fong
Text by Risa Akita

Pocket

eyecatch (1)
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...