DAILY
  •      
  • Jul 1, 2016
【今週のZINE】世界を股にかける“ゲイ”セレブリティ集結。男とは?ゲイとは?を探求するメンズマガジン『Cakeboy magazine』
Pocket

「Cakeboy(ケークボーイ)」。

1995年公開の青春コメディ映画「Clueless(邦題:クルーレス)」のワンシーンで「ゲイボーイ」を形容して使われた言葉。
それをそっくりそのままタイトルに冠したのが、ゲイ/クィアマガジン『Cakeboy Magazine(ケークボーイ・マガジン)』だ。

Cakeboy03

 このマガジンを編み上げるのはたった一人の男。ブルックリン在住のライターであり、フォトグラファー、そしてスタイリストとして活躍するSean Santiago(ショーン・サンティアゴ)だ。同誌は、ファッション・アート・カルチャーを通して、クィアな男としてのアイデンティティや、“男らしさ”とはなにかを読者に問いかける、男性本位な一冊。

LoRes_RakeemCunningham

 先月発売された最新号issue 03では、南アフリカのクィア・アーティストデュオFAKAやゲイポルノスターからファッションスターに上り詰めたColby Keller(コルビー・ケラー)、トランスジェンダーを題材にした話題のコメディドラマ「トランスペアレント」のディレクターでもある映画監督のRhys Ernst(リース・アーンスト)、次世代のブリット・ポップを担う英シンガーのShivum Sharma(シヴァン・シャーマ)など各業界で活躍するゲイセレブリティをフィーチャー。

Cakeboy3_Sp05
Rhys-portrait
LoRes_ShivumSharma

 国籍も職業もバラエティに富んだ豪華なゲイたちのポートレート写真やインタビュー、エッセイや詩、小説などをツールに、ゲイ/クィアとして生きる男たちの、男らしさを体現。「クィア」として、そしてそれ以前に「男」として生きることを高らかに謳う。

 ゲイでいて、男らしく。男から見てもかっこいい「ゲイ」の力強さがCakeboyの誌面からはにじみ出ている。

Cakeboy Magazine

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
【今週のZINE】落ち着く場所と、モノと人。それぞれのホーム(拠り所)を集める『Home Zine』
あなたにとっての“ホーム”とはなんだろうか? ふと思い出す潮の香りが漂う“地元”、なんだか落ち着く近所の“タバコ屋”、言葉を交わさずとも伝わる“アイツら”。 「...

———————————
All images via Cakeboy Magazine
Text by Shimpei Nakagawa, Edited by HEAPS

Pocket

eye3
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...