【今週のZINE】世界を股にかける“ゲイ”セレブリティ集結。男とは?ゲイとは?を探求するメンズマガジン『Cakeboy magazine』

Share
Tweet

「Cakeboy(ケークボーイ)」。

1995年公開の青春コメディ映画「Clueless(邦題:クルーレス)」のワンシーンで「ゲイボーイ」を形容して使われた言葉。
それをそっくりそのままタイトルに冠したのが、ゲイ/クィアマガジン『Cakeboy Magazine(ケークボーイ・マガジン)』だ。

Cakeboy03

 このマガジンを編み上げるのはたった一人の男。ブルックリン在住のライターであり、フォトグラファー、そしてスタイリストとして活躍するSean Santiago(ショーン・サンティアゴ)だ。同誌は、ファッション・アート・カルチャーを通して、クィアな男としてのアイデンティティや、“男らしさ”とはなにかを読者に問いかける、男性本位な一冊。

LoRes_RakeemCunningham

 先月発売された最新号issue 03では、南アフリカのクィア・アーティストデュオFAKAやゲイポルノスターからファッションスターに上り詰めたColby Keller(コルビー・ケラー)、トランスジェンダーを題材にした話題のコメディドラマ「トランスペアレント」のディレクターでもある映画監督のRhys Ernst(リース・アーンスト)、次世代のブリット・ポップを担う英シンガーのShivum Sharma(シヴァン・シャーマ)など各業界で活躍するゲイセレブリティをフィーチャー。

Cakeboy3_Sp05
Rhys-portrait
LoRes_ShivumSharma

 国籍も職業もバラエティに富んだ豪華なゲイたちのポートレート写真やインタビュー、エッセイや詩、小説などをツールに、ゲイ/クィアとして生きる男たちの、男らしさを体現。「クィア」として、そしてそれ以前に「男」として生きることを高らかに謳う。

 ゲイでいて、男らしく。男から見てもかっこいい「ゲイ」の力強さがCakeboyの誌面からはにじみ出ている。

Cakeboy Magazine

[nlink url=”https://heapsmag.com/?p=12098″ title=”【今週のZINE】落ち着く場所と、モノと人。それぞれのホーム(拠り所)を集める『Home Zine』”]

———————————
All images via Cakeboy Magazine
Text by Shimpei Nakagawa, Edited by HEAPS

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load