DAILY
  •      
  • Jun 7, 2016
脳内ヘビロテってなんていう?他、音楽あるあるフレーズ/ Urban English
Pocket

夏フェスの季節まであともう少しですね。
知ってるとオツな音楽フレーズ4選をお届け。

第1問
earworm (イヤーワーム)

1. 音漏れ
2. レコード漁りが趣味の人
3. 頭から離れない曲

スクリーンショット 2016-06-07 16.40.30

正解は、3「頭から離れない曲」

I have an earworm since yesterday.
ああ、昨日からあの曲が頭から離れないよ。

第2問
a crapella (アクラッペラ)

1. ヘッドホンで音楽を聞きながら歌うこと
2. ひとりカラオケ
3. 真夜中に大音量で音楽を流すお隣

shutterstock_302117315

正解は、1「ヘッドホンで音楽を聞きながら歌うこと」 a cappella(アカペラ)+ crap(下手クソ)。歌っている本人は気分が良いが、周囲の人にとっては迷惑な状況。

Stop doing a crapella! It drives me nuts.
ヘッドホンして歌うのやめてくれ!頭おかしくなっちゃう。

第3問
bangover(バングオーバー)

1. ほろ酔いで歌うこと
2. 即完売のライブ
3. ヘドバンして首を痛めること

shutterstock_380507206

正解は、3 「ヘドバンして首を痛めること」 (ヘビメタやパンクのライブなどでヘッドバンキングして)

I’ve got a bangover after the Metallica’s gig last night.
昨晩のメタリカのライブでヘドバンしすぎて首痛くなっちまった。

第4問
eargasm (イヤガズム)

1. エロティックなナンバー
2. (曲に)酔いしれる
3. ライブ開演前にかかる曲

shutterstock_394318657

正解は、2「(曲に)酔いしれる」 ear(耳)+ orgasm(オーガズム)。いい音楽を聞いたときに耳に快感(オーガズム)を受けること。

I still clearly remember the eargasm I had when Paul McCartney sang “Penny Lane” at the concert.
ポール・マッカートニーの生「ペニー・レイン」を聞いたときに感じた快感、まだはっきり覚えているよ。

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
週4のライブハウスから、現場のミュージック「#012 懐古主義は、ヒップスター王道まっしぐら EZTV』(独断と偏見でインディーバンドを選びます)
ニューヨーク在住17年、週に4度のライブハウスを欠かしたことはない。 行ったライブハウスの数はもはや200を越える…(と思う)。 そんな音楽ライター、サワイ・ヨウコが独断と偏見...
Pocket

eyecatch (2)
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...