【池野詩織 撮り下ろし】石野卓球(電気グルーヴ)× マーク・リーダー(音楽密輸人)特別対談・こぼれフォトギャラリー

Share
Tweet

「彼がいなかったらいまの僕も電気グルーヴもなかった」ー 世界的テクノバンド・電気グルーヴの石野卓球が、そう言い切った。彼とは、本誌連載で、ベルリンミュージックシーンの顔役だった音楽密輸人、マーク・リーダーだ。20年越しの親交で結ばれる卓球とマークの特別対談が、実現。取材中&ポートレート、かっこいい撮り下ろしが届いた!

時計の針を1990年代にまで戻し、出会いのきっかけから、ベルリンのクラブで踊り明かした思い出話、 お互いの好きなところ、ニュー・オーダー&シンセサイザーのマニアック話まで、息のあった二人の対談記事、公開中。

FH000001
FH020002
FH000022
FH010013
FH030014
FH030036
FH040013
FH000027
FH020014
FH000029
FH010026
FH000031 2
FH040004
FH040008
FH020018

Photos by Shiori Ikeno

取材協力:頭バー

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

「可視化されていない時代の感覚を、僕らはどう言語化していくか」トライ&エラーを協働する企業と編集者、ソニー×若林恵

「そもそもね、僕らに“伝えたいことがあってはじめた”、というわけではないんですよ」。 企業の伝えたいことを、より魅力的に言語化して届けるために〈企業と編集者〉が組むことは、近年の常套。その関わり方を大きく飛び越えて「何が…
All articles loaded
No more articles to load