「吸わないマリファナビジネス」を動かす、“自称”修道女たちの正体

Share
Tweet

“自称”修道女が持つアクティビストとしての顔

 吸わないマリファナビジネスをはじめたこの修道女、どこのカトリック教会にも宗教にも属さないシスターたちだ。私たちが想像するいわゆる修道女とは違う、“自称” 修道女なのだ。

1066_SISTERS_OF_THE_VALLEY_A-1292
Photo: Shaughn and John

 シスター・ケイトが修道女を名乗るようになったのは、5年前。あのオキュパイ運動(ウォール街を占拠せよ)のときだ。リーマンショック後、ごく一部の富裕層が支配する経済・政治・社会に不満を持った人々が、経済格差の解消や雇用の改善を求めて全米各地でデモ運動をしていたあの頃に、カリフォルニア州でデモ活動に参加していた彼女はあることに気づく。「デモ運動に修道女の姿がいない」と。

「1950、60年代にはキング牧師をはじめとする“聖職者”が人権のために闘っていました。でも現代のアメリカでは(公共の場で抗議運動をする)修道女の姿を見かけなくなってしまいました」

12901140_994654387236751_1207790076292662049_o
Photo: Sisters of the Valley

 修道女が声をあげて人権や自分の主張を訴える。修道女の高齢化が進み、若い修道女が減少するアメリカで修道女がアクティビストとして活動する重要性を感じたシスター・ケイト。「人々を癒すことができる医療大麻」と「女性が持つべき社会的な力」を実現するべく修道女のベールを被ったのだ。 

1066_SISTERS_OF_THE_VALLEY_A-3345
Photo: Shaughn and John

やっていることは違法(かもしれない)

 やっていることは合法か違法か。実は彼女も明確にはわかっていないという。カリフォルニア州の法律では問題ないが、群や市の規定では、商業目的のマリファナ栽培は禁止されているという。

「群の保安官が監査に来た時は、『私たちが育てているマリファナはあくまでも医療用で、人をハイにさせるためではない』と証明しなければなりません」

 自分のビジネスはグレーゾーンにある、とケイト。逮捕の恐れは“いまのところ”はないでしょう、と漏らした。

実は、月の半月はラフ〜な上下スウェットで過ごす

1066_SISTERS_OF_THE_VALLEY_A-1683
Photo: Shaughn and John

 マリファナ修道女の朝は早い。6時30分には起床し、ジョギングなどのエクササイズを欠かさない。9時半から10時ごろには台所に立ち、マリファナ商品作りに勤しむ。お昼過ぎの午後2時20分はお休みタイム。そして午後4時には仕事を終え、6時に夕飯、その後はテレビを見たり来客と話したりして過ごすのだそうだ。

1066_SISTERS_OF_THE_VALLEY_A-0093
Photo: Shaughn and John

1066_SISTERS_OF_THE_VALLEY_A-1081
Photo: Shaughn and John

「私たちは一ヶ月の中で、新月から満月の時期にマリファナ栽培をしています。その期間私たちは『修道服に身を包んだビーガンの禁欲主義者』なのです。でもいまの時期はオフですので、いまあなたとお話ししている私、上下スウェット姿なのですよ」

 月の半分は、欲を忘れ、祈りを捧げながら医療大麻が持つ力を信じ、癒しを必要とする人々のためにマリファナ栽培に徹する。これが”自称”修道女たちの、“スピリチュアルなビジネスライフスタイル”だ。

1066_SISTERS_OF_THE_VALLEY_A-2922
Photo: Shaughn and John

———————
Text by Sally Lemon

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load