世界中の“終わった恋”が集まる場所、「失恋ミュージアム」開館。元カレ元カノの思い出、ぎゅっと詰まってます。
Pocket

あなたは捨てる派? 捨てない派?
うーん…モノに罪はないしねえ。という会話だけで、何のことかわかりますよね?
そうです、“かつての恋人との想い出のモノ”。

誕生日にもらったぬいぐるみ、初めてのデートで行った映画館のチケット。ゴミ箱行きもなんだかな。だからといって手元に置いておくのもなんだかなあ。

なんならいっそのこと、“寄付”してみませんか。

6250562564_fac52873c2_z
Photo by Kisså

失恋から立ち直る新しい方法は、「思い出寄付」

 世界中から寄付された失恋アイテムを集めた博物館、「ミュージアム・オブ・ブロークン・リレーションシップ(Museum of Broken Relationships)」が本日6月4日にオープンする。それも、ロサンゼルスはハリウッドのど真ん中!
 クロアチアの首都ザグレブにある第一号館に次いで二号館となる“失恋ミュージアム”だ。

 コンセプトを噛み砕くとこんな感じ。
「あなたの恋の痛手、作品にして展示して、洗い流してしまおう」

2241989981_bb800c8b2a_z
Photo by bored-now

「このミュージアムが大切にしていること。それは訪れた人に“感情の旅”(emotional journey)を体験してもらうことです」と語るのは、館長の Alexis Hyde (アレクシス・ハイド)。来た人は、はっきり言ったら、どうでもいいかもしれない他人の失恋話を読みながら、アイテムを鑑賞し、自分の失恋の思い出や気持ちに重ね合わせたりする。人間のゴシップ心や野次馬根性をくすぐる、ちょっと変わったミュージアムだ。

アイテム、ぞくぞくとLAに集結

 さて今年2月に寄付を募ってから、失恋ミュージアムにはアメリカ全土だけでなく、カナダやロシア、トルコ、ブラジルなど世界中から250以上のアイテムが届いている。

 展示予定のアイテムたち(とその失恋ストーリー)をちょっとのぞいてみてみよう。
思い出品の名前(item)、交際の場所(Relationship origin)と期間(Relationship length)が、展示品に明記されている。

DANGER SPOON
“PHOTO: COURTESY OF THE MUSEUM OF BROKEN RELATIONSHIPS”

思い出品: “Danger” spoon「“危険な”スプーン」
場所: Los Angeles, CA (カリフォルニア州、ロサンゼルス)
期間: December 6, 2014 to July 12, 2015 (2014年12月6日〜2015年7月12日)

「あの晩はじめて会ったとき、『俺のニックネームは“Danger(危険なヤツ)”だ』と彼は言った。木のスプーンで料理するのが好きな彼に、ニックネームと誕生日を彫った左利き用スプーンを特別注文したの。でもこのスプーンが出来上がる前に彼は浮気した。結局一度も使われなかった“危険な”スプーンのまま」

FOUR USED BLACK EMORY BOARDS
“PHOTO: COURTESY OF THE MUSEUM OF BROKEN RELATIONSHIPS”

思い出品: Four used black emery boards (4つの使い古した爪ヤスリ)
場所: Austin, TX (テキサス州オースティン)
期間: December 11, 2011 to December 3, 2015 (2011年12月11日〜2015年12月3日)

「最後の夫、チャドは才能があって、クリエイティブで元気いっぱいの人だった。でも彼には爪を噛むくせがあって、甘皮までがりがりやっていた。おまけに外でもテレビを見ながらでも、車内でも爪ヤスリでがりがり。我慢できなくなって、何回もやめて言ったのに。そして彼は42歳の若さで逝ってしまった。毎日彼のことが恋しいわ。もう一度彼を取り戻してくれるのなら、なんだってする。たとえあの爪ヤスリでガリガリする音を聞かされたとしても」

スクリーンショット 2016-06-03 20.29.10
“PHOTO: COURTESY OF THE MUSEUM OF BROKEN RELATIONSHIPS”

思い出品: Tiny piece of paper(ちっちゃい紙切れ)
場所: Los Angeles, CA (カリフォルニア州ロサンゼルス)
期間: 2001-2009 (2001年〜2009年)

「ぼくは芸術家。当時同棲していたガールフレンドは、別の部屋でアート制作しているぼくの注意を引こうと、いつもそわそわしていた。ある日仕事中のぼくのところに彼女はやってきて、この紙切れをそっと渡したんだ。紙にはこう書いてあった、『わたしにかまってよ(pay attention to me)』。別れてから2年後に出てきたこの紙切れ、いまは車の整理ボックスにしまってある」

預ける、が忘れ去るにはちょうどいい?

 くすりと笑ってしまうものから、胸がきゅっと締めつけられるものまで、やるせなさや切なさたっぷりのアイテムが展示室に並ぶ。

「アイテムが届くまで、そのサイズや形がわからないため、展示スタイルが決められないのです。あるアイテムはケースに入れて置いたり、また別のアイテムは壁に掛けたり、天井から吊り下げたり。そんなところもこのミュージアムの面白さでもあるでしょう」とアレクシス。

Unknown のコピー
2年前、メキシコシティで開催された特別展では、思い出品のひとつ、1000羽の折り鶴が天井から吊り下げられた
“PHOTO: COURTESY OF THE MUSEUM OF BROKEN RELATIONSHIPS”

 鑑賞する側に回ってもよし、失恋アイテムを送る側にまわってもよし。
 SNSなどで誰でもかれでも自分と恋人のストーリーや想い出がシェアできるいま、「博物館」という空間で、観客とアイテム、ストーリーが一期一会を果たすのがとても新鮮でユニークだ。

 送ったあとにやっぱり返して…、と言ってくる人も多いのではと思ったが、第一号館が10年前に開いてからというものの、アイテムを返して欲しいと言って来た人は、たった1人だったそうだ。

「過去のモノを手放したら、みんな前に進むのみなのでしょうね」

 捨てられないとついつい思い出に触れてしまうが、捨てたら捨てたで、もう二度と戻ってこないその品に切なさを抱き、逆に焦がれてしまうこともある。

「見たいと思ったら、見に行けばいいや」の距離が、煩わされず前に進むのには、最適なのかもしれない。捨てる、捨てないに加えて、“預ける派”。ありだなあ。

Museum of Broken Relationships Los Angeles
Facebook
Twitter
Instagram

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
匂いで思い出を閉じ込めるキットが誕生。 第一次世界大戦の匂いを再現したエキスパートが発明した「スメル・メモリーキット」
ある匂いを嗅ぎ、フラッシュバックのように反射的に何かを思い出すことはありませんか。 誰にでも、あの日、あの時、あの場所、あの人、あの想いを一瞬にして呼び起こす匂いがあるはず。 ...

————————
Eye catch image byEmily Bergquist
Text by Sally Lemon

Pocket

3599100843_e4cfe00fe5_o
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...