DAILY
  •      
  • May 2, 2016
新しいお花ビジネス、「裏庭で」はじめちゃいました。
Pocket

 深夜、近くのデリ(日本でいうコンビニのようなもの)に一輪の花を求めて駆けこんだり、筋肉隆々のデカイ体に色鮮やかな可愛らしい花束を恥ずかしそうに抱えたり。
 花の問屋街やファーマーズマーケットに花があふれるニューヨークでは、若者たちもよく花を買う。
 しかし、その80%がどこから来たのかわからない外国産の“お花”だそうで…。自分が消費するモノの“でどころ”が気になる世代にはちょっとねえ。どうせなら、真心こもったお花をプレゼントしたい。

 そこではじまったのが、いうなれば「裏庭お花ビジネス」、True Leaves Floral(トゥルー・リーブス・フローラル)。

DSCF5876 copy 1200

 Jessica Balnaves(ジェシカ・バルナヴェス)とRyann Mead(ライアン・ ミード)の女性コンビがブルックリンのブッシュウィックにて始動。CSAスタイル(※)を導入し、自宅の裏庭にて彼女らが種から大事に育てたお花を定期的にお家に届けますよというサービスだ。ビンテージの花瓶つき。

※「CSA (Community Supported Agriculture)」
直訳すると「地域に支えられた農業」。地域の消費者が、地域の農家から、農作物を代金前払いで定期購入するシステム。

tlf 2

DSCF5793 copy 1200

DSCF5855 copy 1200 (1)

 ラインナップは、向日葵・コスモス・マリーゴールド・百日草など。“庭感”アリな、気取りすぎないのもいい。
 ハーバルティーやハーバル・ブーケ、“食べることのできるブーケ”まであるから、一年を通して飽き知らず。

tlf 1

DSCF5887 copy 1200

「オーガニック」「ヘルシー」「地産地消」は世代のキーワード。消費するものがどこからきたのか、どのように作られたのか、そして生産者の顔が知りたいと思うのが“いまどき”なのだ。
 現代にあるべき農業スタイル、そしてトレンド心をしっかり掴む新たな“お花”ビジネスは、自宅の裏庭からはじまっていました。

 そんな彼女たちのお庭をのぞいてみたい方はこちらから。

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
アメリカの「ゆとり」「さとり」はSNSでここまで“自分たち世代”をこきおろす 若者による、若者風刺 「Millennials of New York(ミレニアルズ・オブ・ニューヨーク)」
米国のミレニアルズと呼ばれる現代の若者(現在の20~35歳くらい)は、「ナルシスト」「甘ったれ」など、何かと揶揄されることが多い。そこには必ずや年配者からの苦言が含まれていて、どこ...

—————————
All images via True Leaves Floral
Text by Shimpei Nakagawa

Pocket

eyecatch
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...