【今週のZINE】もう◯◯なんて怖くない! 「恐怖症」を笑い飛ばしてくれるメンタルケアジン『HOORAY FOR PHOBIAS!』

「Phobia(フォビア)」ー日本語で「恐怖症」。他の人にとっては怖くもなんともないような「ある特定の状況」や「物事」に対して恐れを抱くこと。

 欧米では500種類以上もの恐怖症があるとされ、共感できる人も多いであろう「高所恐怖症」から、分からなくないこともないが、ちょっと謎な「ピーナッツバター恐怖症」(ピーナッツバターが上顎にくっつくのを恐れること)ものまで、人の数だけ“こわい”も存在する。

 人それぞれの「こわい」を、ユーモアと温もりで笑い飛ばしてくれるのがメンタルケアジン『HOORAY FOR PHOBIAS! (恐怖症バンザイ!) 』。

PHOBIA_ZINE

「私もかつて社会不安(人への不安や恐れ)を抱えていた」とは、ジン作者のAmber B Dianda(アンバー・B・ディアンダ)。

 新しい人たちに出会ったり、初めての場所に行くのが好きなはずなのに、不安や怖さを感じてしまう。あるとき、そんなのばかばかしいと思ったのだという。そこで彼女は、恐怖症に悩まされる人たちに「こわいものは克服できるし、笑いとばすことだってできるんだ」というメッセージをこめ、このジンを作った。

Zine2

(左)Mr. Dustpan has Amathophobia (a fear of dust) 「ちりとりさんはホコリがこわい」

(右)Mr. Iggy pop has Frigophobia (a fear of too cold) 「イギー・ポップさんは寒いのがこわい」

Zine4

(左)Mr. Fartspray has Osmophobia (a fear of bad odors) 「おならスプレーさんは臭いがこわい」

(右)Mr. Sunnies has Heliophobia (a fear of the sun) 「サングラスさんは日光がこわい」

 こわさを微塵も感じさせないチャーミングなイラストに添えられるのは、独特なユーモアが溢れるみんなの、こわい。いつもステージ上で上半身裸のイギー・ポップさん(パンクのレジェンド)でさえも、寒さがこわいのである。なんだか急にこわいのがばかばしく思えてしまうではないか。

 とあるホラー映画監督は「撮影現場がウケればウケるほど、映画をスクリーンにかけたときにみんなが怖がる」といった。

 “こわい”と“笑い”は紙一重なのかもしれない。あなたのこわい、を、笑いに変えたい方はこちらから。

BACKCOVER

[nlink url=”http://heapsmag.com/?p=9734″ title=”【今週のZINE】モノクロ写真に色が見える、ストリートフォト・ジン『American Analog』”]

———————————
All images via Amber B Dianda
Text by Shimpei Nakagawa

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

All articles loaded
No more articles to load
 

PRO-DESIGNERS

ビジュアルで世界をガラリと改良した〈前進のデザイナーたち〉