【今週のZINE】カリフォルニアから採れたてサンシャイン。 292日の太陽を集めたジン『California Problems』

Share
Tweet

“カリフォルニア”と聞いてまず頭に思い浮かべるものといったら、なんだろう?

サーフボードを抱え人々が集まるビーチ、海岸沿いに立ち並ぶパームツリー。
それにさんさんと降り注ぐ太陽。

そう、太陽。

Stamolis_CA-Probs-spread

 カリフォルニアをジリジリと照らす太陽、その写真を集めただけの“太陽愛”にあふれる異色ジンがある。その名も「California Problems(カリフォルニア・プロブレムス)」。
 本当は太陽が大好きなのに、カリフォルニアの問題は太陽だ、といわんばかりのタイトルはきっと愛情の裏返しなのだろう。
 

Stamolis_CA-Probs-cover のコピー

 作者はカリフォルニア州中部フレズノ生まれの写真家、Tony Stamolis(トニー・スタモーリス)。23年間のニューヨーク生活に終止符を打ち、2年前に故郷に戻ってきた。

 ロサンゼルスで新生活をスタートしたトニー。東海岸の寒い寒い冬とおさらばした彼は里帰りした記念にと、1年で292日が晴れであるロスで“292の太陽”を撮った。

Stamolis_CA-Probs-opener

Stamolis_CA-Probs-centerfold

 60年代ニューヨークで活動していたフォークグループ、Mamas&Papas(ママス&パパス)は代表曲『夢のカリフォルニア』でこう歌った。
「木の葉はみんな枯れた色で空は灰色。/ある冬の日ぼくは散歩をしていた。/もしロサンゼルスにいたらあったかくて心地よいのに。/こんな冬の日にはカリフォルニアを夢見るのさ。」

 自然の恵み“太陽”だけで人を惹きつけてしまう地、カリフォルニア。トニー自身が“warm(暖かい)”と形容するジンで、カリフォルニアの夏の太陽を思いっきり感じよう。

California Problems

[nlink url=”http://heapsmag.com/?p=10433″ title=”60回の夏をかけて撮り続けた、“労働者のビーチ・リゾート”の姿。 写真家ハロルド・ファインスタインがネガに残したもの”]

———————————
All images via Tony Stamolis
Text by Risa Akita

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

「可視化されていない時代の感覚を、僕らはどう言語化していくか」トライ&エラーを協働する企業と編集者、ソニー×若林恵

「そもそもね、僕らに“伝えたいことがあってはじめた”、というわけではないんですよ」。 企業の伝えたいことを、より魅力的に言語化して届けるために〈企業と編集者〉が組むことは、近年の常套。その関わり方を大きく飛び越えて「何が…
All articles loaded
No more articles to load