【今週のZINE】モノクロ写真に色が見える、ストリートフォト・ジン『American Analog』

Share
Tweet

20世紀を代表する仏写真家のアンリ・カルティエ・ブレッソンはかつてこう言った。
「写真を撮ること、それは、同じ照準線上に頭、目、心を合わせること。つまり、生き方だ」
被写体に頭や目、心を重ねて撮影された写真は「過去の瞬間」という息を吹き返す。

8006298657_1696a50bd1_o
11821024036_5ec55cdf7b_o

 サンフランシスコ出身のアーティスト/ゲームデザイナーのDoctor Popular(ドクター・ポピュラー)の『American Analog(アメリカン・アナログ)』は、彼自身の目線がたどった先にいる人、ある物、その瞬間を捉えた写真が散りばめられた、モノクロストリートフォト・ジンだ。

11821434534_801516df6d_o

 2013年1月に、クラウドファンディング、キックスターターのプロジェクトとして刊行、第1号ではサンフランシスコ、第2号ではニューヨーク、第3号では旅をテーマに特集し、徐々にファンを得てきた。
 作者が「Charming(魅力的)」と形容する同ジンの魅力は、写真を説明する言葉が一切語られていないこと。
「写真自身に語らせること」を根底に、鳩おじさんやスケーター、歩道でチェスをする人々や風景に、「日常」を代弁させているのだ。
 モノクロの写真に、街の彩りが見えてくる。

8006302862_b31c69f8ee_o
Autosave-File vom d-lab2/3 der AgfaPhoto GmbH
Autosave-File vom d-lab2/3 der AgfaPhoto GmbH

 サンフランシスコのショップの他に、以下ウェブサイトからも購入可能。次号は、米ニムスロ社の35mmフィルムカメラで撮影された3Dフォトを集めたジンになるというから楽しみだ。

american analog zine

etsy.com/shop/DocPop

↓↓↓Doctor Popのウェブサイト↓↓↓
docpop.org

ー——————-
Text by Risa Akita

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

等身大の視線と確かな手触りで、もう一度「いま」をつくる。世代の感性とイノベーション、アイドリス・サンドゥ(22)来日の1週間

こんにちは。HEAPS(ヒープス)です。もう11月だなんて。冬はもうすぐそこの角にいるようですが、ヒープスのイベントはもっとすぐそこです。もう角を曲がってきちゃっています。11月の末・12月の一週目に、今年最初で最後のイ…
All articles loaded
No more articles to load