series - MarkReederBerlindays

「ベルリンの壁をすり抜けた“音楽密輸人“」 鋼鉄の東にブツ(パンク)を運んだ男、マーク・リーダーの回想録

西から東へ極秘の“ブツ“、パンクを密輸。これは、かつて“音楽密輸人“であった張本人の回想録だ。

【連載】「ベルリンの壁をすり抜けた“音楽密輸人”」 鋼鉄の東にブツ(パンク)を運んだ男、マーク・リーダーの回想録(完結)

「東ベルリンは、世界一入場規制が厳しい“ナイトクラブ”のようだった」 回顧する男は、マーク・リーダー(Mark Reeder)。イギリス人音楽プロデューサー、ミュージシャン。そして“音楽運び屋”。 冷戦時代、抑圧の東ベル…
All articles loaded
No more articles to load