INTERVIEW

起業家、異色のファッションクリエイター

次々に斬新なデザインを提供し、アパレル業界をあっと驚かせてきた革新者がいる。ニューヨークを拠点に、パターンの外注代行、デザインコンサルティング、縫製、テキスタイル販売、エージェント業務などを手がける「oomaru sei…

アートに愛される額縁職人を訪ねて。

アート作品はフレーム(額縁)に収められてはじめて完成する。ニューヨーク近代美術館(MoMA)やグッゲンハイム美術館の名作からラブコールを受け、その作品のためのフレームをつくる、日本人職人がいる。1枚数千万円という現代美術…

日本人デザイナーが挑む、NY地下鉄の新しいカタチ

「人々の行動をデザインの力でより良く変えたい」 犯罪の多発で評判が地に落ちたニューヨークの地下鉄の信頼を甦らせた日本人デザイナーがいる。彼の名は宇田川信学(49)。空間デザインとは、人を導くデザイン。してほしい行動を促し…

機械生産できないネオンビジネスを支え続ける男

ネオンは消えない、柔らかな灯りは永遠に 「ネオンサインは時代と共に姿を消しつつある」。そう言われて久しいが、ネオンの灯りは本当に街から消えてしまうのだろうか?上空に放たれた闇夜を貫く色とりどりのネオンの輝き。それは「繁栄…

仲代達矢、ニューヨークで真の骨太を語る

黒澤に愛された男、NAKADAI 公開から30年経った黒澤明監督映画『乱』が2013年6月、ニューヨークの映画館で蘇った。それに立ち会ったのが、俳優・仲代達矢。クロサワの思いと、仲代の語りは、ニューヨークの若きクリエイタ…
All articles loaded
No more articles to load