street spirits

NYCの地下鉄で、最も地味なパフォーマンスをする男

動かない、しゃべらない。でも、乗客を笑わせる 地下鉄で「変な声が聞こえる」と思ったら、斜め前の「人形」が喋っていた。うるさい車両ではほとんどかき消されそうなか細さだが、ちょっとした静寂をついて聞こえてくる。 彼をはじめて…

地球に優しい美食家は「花食家」。

テラスに向かうと、“彼女流もてなし”が待っていた。小さなテーブルにはうずらのゆで卵に、ピッチャーに入った黄緑色したジュースのようなものと、氷とグラス。「さ、どうぞ」と注いでくれたので、さっそく一口。じんわり甘く、何かを焦…

人形浄瑠璃を超えた、マリオネット芸術

扉を開けると、覗いてはいけない場所に足を踏み入れた気がした。 顔面蒼白の薄気味悪い人形たちがこちらを見ている。大人なのか子どもなのか、笑っているのか怒っているのか分からない。背筋がぞくっとするような人間味と、廃退的な美し…

ジーンズの医者、Loren Cronk

「ジーンズを洗わずに履くのが近年のトレンドだからね。洗わずに生地が硬いまま履くと破けやすいんだ」。40本以上の“患者”を前に流行病の理由をそう分析するのはLoren Cronk(ローレン・クロンク)。人は彼を「ジーンズの…

97歳プレイボーイ、地下鉄の遊び場をつくる

ホリーデーシーズンのとある日曜日。マンハッタンのFライン「セカンドアベニュー駅」はいつもと違った。 「列車が来たぞー」。どこからか声が上がり、それに呼応するかのような歓声で包まれている。そこに鈍いブレーキ音をたててやって…
All articles loaded
No more articles to load