DAILY
  •      
  • Jul 16, 2016
週4のライブハウスから、現場のミュージック「#015 【番外編】インディ・フェスの聖地、スペインのフェスへ」(独断と偏見でインディーバンドを選びます)
Pocket

ニューヨーク在住17年、週に4度のライブハウスを欠かしたことはない。
行ったライブハウスの数はもはや200を越える…(と思う)。
そんな音楽ライター、サワイ・ヨウコが独断と偏見で選ぶ、いま聴いておきたい、知っておくべき現場のインディーバンド。


#013
インディ・フェスの聖地、スペインへ。
「Primavera Sound 2016 」

スペイン、バルセロナといえば。
サグラダ・ファミリア、ビーチ、闘牛などのイメージが先行すると思うが、実はヨーロッパを代表する「インディ・フェスの聖地」である。かくいう私も、行くまでこのフェスの存在を知らなかった。2009年に初参加し、思った。
「ああ、なぜこのフェスを今まで知らなかったのだろう」

このフェス、プリマヴェーラ・サウンドの何が特別かと言うと、まず、インターナショナルなバンドが数多く参加するということ。
 伝統的なスペインのアーティストを組み入れつつ (日本でいう演歌歌手)、最新のアメリカ、ヨーロッパ、アフリカなどのインディ・大御所バンドを、うまい具合にミックスしている。見たい!と思っていたバンドが大集合している。
 アイスランドのエアウエイズやデンマークのロスキルドなどと並び、重要なヨーロッパの音楽フェスである。

IMG_8315
IMG_8317
IMG_8637

 時期は毎年5月末から6月頭なので、天候が良く、すぐ横にはビーチが広がる最高のロケーション。会場であるフォーラム公園には、10ほどある野外ステージと、ミュージアム/映画館のようなオーディトリ(館内ステージ)がある。ハイキング(山ではなく丘だが)とビーチを同時に楽しめる。

 こちらは外飲みOK、ハイネケンのケグを背負ったお兄さんたちが、あちらこちらにいるので、わざわざ長い列のバーまで行く必要なし。
 インターナショナルなフードコート(たこ焼き、焼きそば、みそ汁などを出す日本の屋台もあり)、世界中からパーティ、音楽好きが集まってお祭り騒ぎなのだ。(と言っても、コチェラのようなワイルドでスモーク盛り感はなくゆったりで、雰囲気はフジロックのスペイン・バージョンという感じか)。

IMG_8406
IMG_8574

こちらはトップレスが普通で、大人も子どもも丸裸。肩の力が抜けてスローな雰囲気が漂う。

 会場の向かいのホテルがにはフェスでプレイするバンドが多く泊まっていて、エレベーターやラウンジで、ダイナソーJRやホワイト・フェンス、アニマル・コレクティブ他、沢山のバンドに遭遇。ラウンジに座って、バンド・ウォッチングするのもよし、だ。

IMG_8495

 今回のハイライトは、レディオヘッド、ブライアン・ウィルソン(ビーチ・ボーイズ)、シガー・ロス、LCDサウンドシステム、エア、アニマル・コレクティブ、ビーチハウス、ラッシュ、トータス、ヴィンス・ステープルス、ボアダムスなど。レディオヘッドは、ほとんどの人が集合したのだろう、前に行けども行けどもステージが見えない。新曲と古い曲をミックスし、周りからのヤジを聞きながらレディオヘッドの影響力に感動。

 ボアダムスは4人編成。よしみさんと千住さんがフロントでメタルのロープを操り、ドラム、エレクトロ、その他様々な音を出し、アイさんは後ろでエレクトロを操りながら声を出しメタルを叩く。サイドでは、増子さんが黙々とエレクトロを操る。メロウな雰囲気の中でドキッとする場面も多数で、スペインの聴衆を虜に。

 シガーロスは、3人になって初めてのツアーでこの日が初日。ブラインドの幕が降りたまま数曲演奏した後に幕が上がり、バックにはアイスランドの自然を思わせるような幾何学な映像が。弦でギターを弾くヨンシー、声は張り裂けそうな程高い。彼らの演奏が、直ではなく周りから徐々に入ってきて、厳かに体全体で感じはじめる。

IMG_8631
IMG_8625
IMG_8474

 バンドが終わると、さあ次はどこに行こうかと歩き出す。ダフトパンクのようなダンス・テクノ、モデラットにあたったのでそのまま鑑賞。朝の2時でも疲れ知らずで満員だった。丘の上から見たので風は気持ち良く、周りの人も調子良くフェスティバルの醍醐味を満喫。
 同じ頃にニューヨークではガバナーズボールがあったのだが、違う国、ロケーションでは、同じバンドを見ても感じ方は新鮮なのだろう。

 まったく別の国からのインターナショナルなバンドとオーディエンスが、このフェスで一緒になれるのには特別な縁を感じる。
 ユーロも安く、壮大な景観のバルセロナ観光もついてくるなんて、素敵じゃないですか。

▶︎関連オススメ

いま一番注目すべき音楽シーンは「ニューオリンズ」!? ジャズとブルースの街の知られざる最新音楽事情
ドラマーが流すヒット曲。 たった一人で万人を躍らせる、地下鉄のDJ(ドラム・ジョッキー)「eCUSSIONIST」
違法、適当、やりたい放題。NYC地下鉄“覆面”ミュージシャンCHANGO

ーーーーーーーーーーー
今回見たバンド:
6/2
Air
John carpenter

6/3
Selda bagcan & boom Pam
Cavern of anti-matter
Radiohead
Animal collective

6/4
Boredoms
Brian Wilson
Deerhunter
Pj Harvey
Sigur ros
Moderat

6/5
Downtown boys
Deerhunter
Mud honey

サワイ ヨウコ/Yoko Sawai
ニューヨーク在住歴17年の音楽ライター。音楽イベント企画、メディアコーディネイト、レコード・レーベル経営(コンタクト・レコーズ)。ブルックリン・ベースのロックバンド、ハード・ニップスでも活躍。hardnipsbrooklyn.com

Pocket

IMG_8508 (1)
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...