• STYLE
  •      
  • Nov 24, 2015
  •     
GOODMAN’S EYE〜トレンドの“新”発信地へドライブする休日〜
Pocket

photo

ニューヨーカーはよく働き、よく遊ぶ。「ON.OFF」をはっきりさせ、人生を有意義に楽しむ天才だ。冬が近づいてきたニューヨーク。今、彼らはどんな休日を過ごしているのだろうか。トレンドキャッチが得意なニューヨーカー、ジョンと一緒に、ローカルな休日の過ごし方を覗いてみよう。

photo

photo

(See more about N.Y.C good man style)

「オフ」モードのショールカラージャケットで、夜を楽しむ

 仕事を終えて、リラックスしたい金曜日の夜。ふと一人だけの時間が欲しいなと思い、老舗のジャズ・クラブ「ヴィレッジ・ヴァンガード」へと向かう。外を出歩くのは、もう肌寒くなってきた。ネイティブ柄の動きやすいショールカラージャケットを羽織り、暖かい色のライトの下を急ぎ足で歩いていく。サンクスギビングやクリスマスを前にしたニューヨーク。いつもこの時期は、街全体がどこか落ち着かずに、わくわくしているようだ。

 店に着いて、馴染みの店員とのおしゃべりを楽しんでいると、いよいよジャズ・バンドの演奏がはじまった。1935年に創業の歴史のある「ヴィレッジ・ヴァンガード」。アーティストは世界中からこの名店に憧れてやってくるのだけど、今日の演奏は地元のバンドのようだ。合間のMCでローカルな話題が飛び出して、観客たちは微笑む。ジャズは、その場の雰囲気と連動して、そこでだけの音を奏でていく。バーボンを一杯やりながら、今ここでしか聴けない彼らの演奏を、存分に楽しんだ。

jazzphoto

リラックスした休日の朝、愛車に乗り込むニューヨーカー

 明くる朝、遅くまで寝ていようと思っていたのに、窓から陽の光が射していて早めに目が覚めた。椅子にかけておいたショールカラージャケットをさっと着て、ソーホーの家の近くのベイカリーに顔を出してみる。「おはよう、どうだい?昨日、あのバンドの演奏をはじめて聴いたんだけどさ…」。クロワッサンを頬張りながら、仲のいい店員との他愛のない会話を交わす、朝の美しいひとときだ。

photo

(See more about N.Y.C good man style)

 食後にコーヒーを飲んで、眠気もさめて爽快な気分に。さて、今日はこんなに空が晴れ渡ったいい天気だから、ドライブでもしようか。レンガ造りのアパートメントの前に止めたブラックボディーの愛車にさっと乗り込む。行き先は決めずにドライブしてみよう。ニューヨークは少し移動しただけで、街の景色ががらりと変わる。気になった場所で降りて、ぶらりと歩いてみよう。

スライドショーには JavaScript が必要です。

ジャケットを着こなす、洗練スタイル

 ソーホーから北へ運転していくと、石畳のストリートに来ていた。ここはミート・パッキング。元々は精肉加工店が集まっていたこのエリア、実は今はトレンドを発信する、おしゃれなエリアとして注目されている。ここで降りてみようと、ブラックボディーの車を止める。ジャージジャケットを羽織り、ちょっと散策。

 周りを見渡すと、人気のブティックやデザイナーズホテルが集まっている。そしてやはり、ここに集まるのはおしゃれな人が多い。まず出会ったのは、ブラウンのジャケットにデニムの、今の季節らしい洗練スタイルの彼。次に出会った彼は、紺のジャケットに短めのブルーのパンツを合わせていて、カジュアルだけど品のある雰囲気。ハンチング帽がしっくりくる。

スクリーンショット 2015-11-12 0.35.58

スクリーンショット 2015-11-12 0.36.17

スクリーンショット 2015-11-12 0.36.32

(Photos By Kohei Kawashima)

 石畳のストリートにレンガ造りの昔ながらのNYの雰囲気。そこに集まるトレンドに敏感なニューヨーカーたち。休日をゆったりと過ごす彼らは、堂々と自分たちのスタイルを貫いていた。「N.Y.C good man style」では、そんなニューヨークのトレンドをいち早く発信している。

スクリーンショット 2015-11-12 11.57.29

Sponsored by N.Y.C good man style

Pocket

photo
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...