• STYLE
  •      
  • Nov 30, 2015
  •     
GOODMAN’S EYE〜サンクスギビングの休日ドライブ〜
Pocket

photo

ニューヨーカーはよく働き、よく遊ぶ。「ON.OFF」をはっきりさせ、人生を有意義に楽しむ天才だ。11月が終わりに近づき、サンクスギビングのシーズンのニューヨーク。今、彼らはどんな休日を過ごしているのだろうか。トレンドキャッチが得意なニューヨーカー、ジョンと一緒に、ローカルな休日の過ごし方を覗いてみよう。

photo

(See more about N.Y.C good man style)

ゆったりとした朝、ショールカラージャケットを持ち出して

 今、アメリカはナショナルホリデー「サンクスギビング」の連休中。年がら年中、街のどこかでフェスティバルやらが開催されているニューヨークだが、このシーズンはひっそり。というのも、もともとは秋の作物の収穫を祝っていたこの祝日、現代は実家にて家族との時間を楽しむ人が多いから。日々忙しなく生きるニューヨーカーが、ほっと落ち着けるシーズンだ。

 今日は仕事もないから、ベッドでチェット・ベイカーやビル・エヴァンスを聴きながらゆったりと過ごす。眠気覚ましにコーヒーを一杯飲んで、ベーグルを平らげたらショールカラーのスライバージャケットを羽織って、ぶらりと外に出てみる。陽が出ているうちは、軽くドライブでもしてみるかな。ニューヨークの景色を楽しみたいときは、ドライブに限る。

photo

意外と知られていない、NYの車事情?

 けれど実は、渋滞の多いマンハッタンは、車をあまり使う人がいない。サブウェイや徒歩の方が便利なので、マンハッタンでは自家用車の所有率が23%のみ。自動車大国のアメリカではかなり低い方だ。けれど、一部のニューヨーカーは、愛車を持って近場までドライブするという贅沢な休日の過ごし方を知っている。秋冬には、紅葉やスキーを楽しむため、NY郊外のキャッツキルやハンターマウンテンの山まで出かける人もいたり。

photo

 今日は、ハドソンリバー沿いを一走り。対岸のニュージャージーまでの景色を満喫した後は、ランチをしようかとウェスト・ヴィレッジによってみる。ブラック・ボディーの愛車をとめて、街へ繰り出す。サンクスギビングだけれど、まだ昼はちらほらと街を歩いている人はいるようだ。

photo

(See more about N.Y.C good man style)

個性あるアウターで今のシーズンだけのスタイルを

 やはり、お洒落な人が多い。まず出会った彼は、グレーのインナーにモスグリーンのアウターを合わせたスタイル。「落ち着いていて、カジュアルだね」と声をかけると、「君のグレーのベストとショールカラーのジャケット、合わせ方がいいね」と返してくれた。次に出会った彼は、ブルーのシャツに、黒いベストを着た、さわやかで品のある雰囲気。

Nov_15_01

Nov_15_02

Nov_15_03

(Photos By Kohei Kawashima)

 
 トレンドに敏感なニューヨーカーたちは、一見シンプルだけれど、細かなところまでこだわりがある。休日をゆったりと過ごす彼らは、堂々と自分たちのスタイルを貫いていた。「N.Y.C good man style」では、そんなニューヨークのトレンドをいち早く発信している。

logo

Sponsored by N.Y.C good man style

Pocket

samnail
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...