DAILY
  •      
  • Oct 24, 2016
貧困問題は「クラフト・ビール」で解決!? 女性による女性のためのビールプロジェクト「The Rwanda Craft Brewery Project」
Pocket

クラフト・ビール、勢いは依然として雨後の筍のごとく。そのブームはいま、南アフリカやケニアを筆頭にアフリカにも広がりを見せている。

その流れに乗るように、ルワンダで初となるマイクロ・ブリュワリー(小規模醸造所)設立プロジェクトが動きはじめた。しかもこのプロジェクト、成功すればルワンダの未来を変えるかもしれないという。

_DSC0937

 ルワンダは世界でトップ10に入る男女平等先進国だ。その一方で深刻化しているのが貧困問題。なんと人口の約60パーセントが貧困層…という現状を変える糸口となるかもしれないのが、ルワンダで初めてとなるクラフトビール・ブリュワリーなのだ。

_DSC1192

 発起人は、カナダのオンタリオ州にあるビール醸造所「Beau’s All Natural(ボーズ・オール・ナチュラル)」と、ルワンダでチャイニーズレストランを経営する女性起業家、Josephine Uwineza(ジョセフィーヌ・ウイネザ)。

Rwand craft beer
左から二番目がジョセフィーヌ

 ルワンダ初となる女性によるクラフトビール醸造所設立を目指した「ルワンダ・クラフト・ブリュワリー・プロジェクト」を立ち上げた。ボーズ・オール・ナチュラルはジョセフィーヌに資金調達やコンサルといったサポートから、彼女と未来の従業員のために技術的なトレーニングなどを提供する。

_DSC1402

 このプロジェクトが成功したとしても、ボーズ・オール・ナチュラルに利益が還元されることはないというから驚きだ。その理由を「これまで私たちはさまざまなクラフトブリュワリーのために、物資や器具の貸し出しやビジネスプランを確認などのサポートをしてきました。今回のプロジェクトではいつも以上に深く関わっていますが、根本にはブリュワリーの手助けをしたいという変わらない信念があります」と、ボーズの共同設立者ステーブ・ボーシェヌは話す。

STEVE-TIM-HEADSHOTS-3

 ブリュワリーは積極的に女性を雇用する方針で、さらにビールの醸造に必要な材料はできる限り地元のものを使い、穀物を育て収穫する女性のための雇用を生みたいという考えで臨む。将来的には医療サービスや教育機会の提供も視野に入れているそうだ。いま女性によるクラフトビール作りが、ルワンダを変えようとしている。

_DSC1316-2

The Rwanda Craft Brewery Project

▶︎あなたにオススメ関連記事

クラフトビールが、アツい理由。

バナナの茎が、アフリカに生み出す仕事

▶︎▶︎週間トップ人気記事

ブルックリンのローカル蜂蜜は巨大墓地生まれ!? 580万体が眠るお墓でハチミツ・ビジネスはじめました

ドナルド・トランプの「墓」が出現。殺人予告か、アートか?逮捕寸前の制作者(男)にその真相を聞いた

—————
All images via Beau’s All Natural
Text by Akihiko Hirata, Edited by HEAPS

Pocket

eye (1)
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...